芸術を身近に感じること

子供の感受性は、それぞれによって異なります。
生まれつき感受性が高い子供もいれば、低い子供も見られます。
自分の子供は、感受性が低いと残念に感じている人がいるでしょう。
しかし感受性は、まだまだ伸ばすことができます。
絵を描くことで、感受性を伸ばせると言われています。
難しい絵を描かなくても良いので、好きな絵を描かせてください。
紙と筆記用具があれば、絵を書けます。
お金が掛かることではないので、積極的に描かせてください。

また生き物を育てたり、植物を育てることも感受性を伸ばすことに繋がります。
命を育てるのは、簡単なことではありません。
環境を整えなければいけませんし、お金も必要になります。
しかし責任感が身に付きますし、感受性も伸びるのでメリットが多いです。
家族でよく話し合って、何の生き物を飼育するか決めましょう。
その時は、子供に最後まで責任を持って面倒を見ることを約束させてください。

さらに、親子間のスキンシップが感受性に関係しています。
感受性が低い子供は、スキンシップが少ない傾向が見られます。
親が働いていると、どうしても子供と関わる時間が少なくなります。
ですが、忙しさを理由にしないでください。
子供はきっと、寂しいと感じています。
空いている時間を見つけて、子供と関わってください。
抱きしめたり、頭を撫でたりするだけでもスキンシップになります。
時間を確保できるようだったら、読み聞かせをするのもおすすめです。

どんなことをすれば良いのか

音楽を聴いたり、絵を描いたりすることで子供の感受性を伸ばすことができます。 子供の頃から、芸術に触れさせてください。 クラッシックなどを聴くのが良いですね。 また、楽器を演奏させることもおすすめです。 絵を描かせる時は、好きな絵を描かせてください。

動物や植物を育てよう

生き物を育てることが良い効果を与えるので、ペットを飼育するのがおすすめです。 感受性だけでなく、責任感も養われます。 子供に、責任を持って飼育することを約束させてください。 動物だけでなく、植物でも良いですね。 植物の方が、動物より育てるのが簡単かもしれません。

子供とたくさんスキンシップを取る

スキンシップが少なくなると、感受性の少ない人間になってしまいます。 抱きしめたり、手を繋ぐことでも良いので触れ合ってください。 読み聞かせをすることでも、感受性を伸ばせます。 働いていると、子供と触れ合う時間が短くなるかもしれませんが、時間を作ってください。

おすすめリンク

強制圧力を嫌う類塾とは?

与えられた情報を得るだけの強制圧力を嫌う類塾が提供する驚きの学習方法とは?その秘密を暴く

類塾に通わせるタイミング

いつから類塾に通わせるのが最適?お子さんによって異なりますが早ければ早いほど良いのです!

類塾の学費とは?

従来の塾に比べると割高?天才を作り出すのがモットーの類塾に通う為の費用はどれくらい必要?