>

動物や植物を育てよう

責任感も向上するメリット

子供に、動物や植物の世話をさせるのが良い方法です。
動物や植物と触れ合うことで、子供の心を育てることができます。
しかし生き物は、毎日お世話をしないと死んでしまいます。
安易に生き物を飼育するのは避けましょう。
子供にちゃんと世話ができるのが、確認してから飼いましょう。
幼い子供は、動物のお世話がまだ難しいかもしれません。

動物より、植物の方がまだお世話が簡単だと言われています。
種から植えて、毎日お世話をしていれば綺麗な花が咲きます。
すると生き物を大切にする心を、養うことができるでしょう。
マンションなどでは、動物の飼育が禁止されていることがあります。
植物なら大丈夫なので、育てて子供の感受性を伸ばしましょう。

子供を自然に連れて行こう

生き物を飼育できなくても、自然になるべく触れさせてください。
都会に住んでいると、自然と触れ合う機会が極端に少なくなってしまいます。
海や山などに、連れていくことをおすすめします。
すると、見たことがない生き物を見つけることができます。
名前を調べたり、図鑑など詳しく生態を調べるのが良いですね。
たくさん勉強できるので、自然に連れて行くことは大切です。

頻繁に自然に連れていくことはできないかもしれませんが、週末の休みや、夏休みなどの長期休みを利用してください。
自然界にいる生き物は、むやみに捕まえないよう注意しましょう。
人間が手を加えると、生態系を壊す可能性があります。
子供と一緒に、自然を見守ってください。


この記事をシェアする