>

子供とたくさんスキンシップを取る

子供が良いことをした時

お手伝いをしてくれた時など、子供が良いことをしたら頭を撫でたり、抱きしめてあげたりしてください。
子供の感受性を伸ばすためには、触れ合う意識を忘れないでください。
また買い物に行く時、手を繋ぐのも良いですね。
スキンシップを取らないと、自分の殻に閉じこもってしまうことが多いです。
積極的に触れ合うことで、明るく感情豊かな子供になるでしょう。

スキンシップを取ることで、信頼関係が生まれます。
親子は自然と、信頼関係が生まれるものだと思っている人がいるでしょう。
しかし触れていないと、子供は親を信頼してくれません、
子供のうちに信頼関係を築けないと、大人になってからも同じ状態が続きます。
たくさんスキンシップを取ってください。

本を読み聞かせてあげる

感受性を豊かにするには、本を読むのが良い方法です。
しかし子供の中には、本を読むのが苦手な子供がいます。
無理やり、本を読ませないでください。
強制的に読ませても、子供は本を読むのが嫌いになるだけです。
感受性を豊かにすることはできません。
子供が進んで本を読まない場合は、親が読み聞かせをしましょう。
親が読むと、子供は興味を持ってくれると思います。

何回も読み聞かせてあげれば、自然と自分で読めるようになるかもしれません。
様々な本を読んであげましょう。
本を読むことで想像力も磨かれます。
親が読書をしている姿を、見せるのも良いですね。
子供は、親のマネをする傾向が見られます。
親子で読書をする時間を、設けても良いでしょう。


この記事をシェアする